今、発電事業への投資が注目されている理由

  1. その1 安定かつ高利回りの投資 利回り10%以上

    産業用の太陽光発電システム(10kW以上)で発電した電力は固定買取制度により20年間は21円(税抜)で売ることが可能です。
    ですので、長期的に安定した収益源の確保が可能です。太陽光発電事業は、一般的にアパート経営といった他の投資案件と比べて維持コストや利益率または設備投資費において、有利と言われております。
    また、小形風力発電事業(20kw未満)は20年間、55円(税抜)で売ることが可能です。

  2. その2 遊休地や屋根などの有効活用 資産価値がない土地が収益源に

    太陽光発電はその性質上、一定の日照条件さえクリアしていれば場所を選ばず設置が可能なため、工場などの屋根や従来は利用価値が少なく放置されていた土地の有効活用ができ、新たな収益源に生まれ変わります。
    小形風力発電は地域風速データを基に収益が得られます。

  3. その3 節税対策

    新たな優遇制度を確認出来次第、更新させていただきます。

再生可能エネルギーの固定価格買取制度の平成29年度の新規参入者向け買取価格が決定しました。

平成29年度新規参入者向け買取価格

平成29年4月1日以降、改正FIT法に基づき電力会社との接続契約完了→事業計画認定後に調達価格が決定します。
また、認定を受けた事業者は認定日より運転開始期限(連系開始期限)が設けられます。
10kw以上は3年以内
10kw未満は1年以内

(※2)北海道電力、東北電力、北陸電力、中国電力、四国電力、九州電力、沖縄電力の需給制御に係る区域において、平成27年4月1日以降に接続契約申込みが受領された発電設備は、出力制御対応機器の設置が義務づけられ、これに該当する発電設備については、「出力制御対応機器設置義務あり」の調達価格を適用することとします。設置が義務づけられていない場合には、仮に出力制御対応機器を設置したとしても、「出力制御対応機器設置義務なし」の調達価格を適用することとします。